コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国連軍 こくれんぐんUnited Nations Forces

6件 の用語解説(国連軍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国連軍
こくれんぐん
United Nations Forces

国際の平和と安全を維持し回復するために,非軍事的措置では不十分である場合,必要な軍事的措置をとるために国連憲章第 43条から第 50条の諸規定に従って編成される軍事組織をいう。国連軍は,特別協定に基づき国連加盟国が提供する兵力で編成され,国連安全保障理事会のもとに五大国の参謀総長から成る軍事参謀委員会を設け,その指揮・命令に服して活動する。しかし,特別協定は五大国不一致のために今日もなお締結されておらず,国連憲章上で予定された国連軍は実現していない。このため,国連による平和維持活動 PKOの一環として紛争地域で,停戦監視,兵力引離し,警察任務などにつく組織が生れた。これをさして国連軍ということもあるが,これは本来の国連軍ではない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こくれん‐ぐん【国連軍】

国際連合が国際間の平和と安全を維持するために組織する軍隊。安全保障理事会と国連加盟国との間の協定により編成され、国連の指揮に服する。国際連合軍UNF(United Nations Forces)。
[補説]1945年の国連創設以来、今日まで正規の国連軍が組織されたことはない。近年世界の紛争地域に派遣されているPKF国連平和維持軍)は、国連軍とは性格が異なる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

国連軍【こくれんぐん】

本来は国際連合憲章の定める集団安全保障制度の下で侵略の防止・鎮圧など軍事的強制措置のために使用される国際的常設軍隊。しかし冷戦を背景とした大国間の不信があったため現実にはまだ組織されることなく,代わって朝鮮戦争などにみられる新しい型の国連軍(国際警察軍)が形成された。
→関連項目国際連合ファハド

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくれんぐん【国連軍 United Nations Force】

世界平和と安全の維持を目的として国際連合が編成する国際軍隊。〈国連軍〉とは国連憲章上の正式な名称ではなく,その具体的な目的・構成・機能についても一定していないが,強制行動型国連軍(強制軍)と平和維持活動型国連軍(平和維持軍)とに大別できる。前者が国連憲章で集団安全保障体制の中軸として本来予定された国連軍である。
[強制軍]
 安全保障理事会は非軍事的措置(41条)が不十分であると判定した場合,必要な空軍,海軍または陸軍の行動をとることができる(42条)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こくれんぐん【国連軍】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国連軍
こくれんぐん
United Nations Force

国連軍とは、国連の目的のために、その統制の下に使用される軍隊をいう。「国連軍」という名称は、国際連合憲章上の用語ではなく、場合により異なる意味に使われている。
 第一に、国連憲章が第7章に規定している兵力、すなわち侵略や平和の破壊に対して国連がとる強制行動に用いられる軍隊をいう(第42条)。この軍隊は、国連自身が保有する常備軍ではなく、加盟国の陸・海・空の兵力によりそのつど編成され、国連の使用にゆだねられる型のものであるが、安全保障理事会と加盟国の間に締結される協定(特別協定)によって、各国が国連に提供する兵力の種類や数をあらかじめ約束しておく事前の準備体制が予定されていた(第43条)。しかし、この兵力提供の取決めは、国連の発足後まもなく、大国間の対立を反映して早くも断念され、今日に至るまでどの国との間にも結ばれていない。このため、国連が当初予定した国連軍編成の即応体制は、いまだに実現をみないでいる。
 第二に、米ソ冷戦下、1950年の朝鮮戦争の際、安保理事会の決議に基づき「北朝鮮の武力攻撃を撃退する」任務を帯びて組織された軍隊が「国連軍」とよばれた。しかし、この強制行動のための軍隊は、国連決議に基づくものではあったが、その実体は米軍を中心に組織され、軍事行動はアメリカが直接指揮をとったため、国連の統制下に置かれたものではない。その意味では、国連軍というよりはむしろ多国籍軍とよばれるべきものであった。ついで冷戦の解消後、90年の湾岸戦争に際して、安保理事会はクウェートに進攻したイラクに対して「必要なあらゆる措置をとる」ことを承認する決議を採択し、それに基づき多国籍軍による軍事行動がとられた。この多国籍軍の強制行動は、朝鮮戦争の時と同様、米軍を中心に組織され、国連の統制を離れて遂行されたが、もはや「国連軍」の名称は用いられなかった。
 第三に、今日広く「国連軍」とよばれるのは、先に述べた強制行動のための軍隊ではなく、国連憲章が本来予定していたものとは基本的に性格を異にする、平和維持活動(PKO)の任務のための軍事組織(平和維持軍)である。この種の「国連平和維持軍」の原形となったのは、1956年のスエズ戦争の際、中東に派遣された国連緊急軍(UNEF)であった。その後、平和維持活動はコンゴ、キプロス、中東などの紛争解決に受け継がれ、国連活動として定着するに至った。平和維持軍は、紛争当事者の同意を基礎として、中立的立場で停戦や撤兵が円滑に実施されるのを助ける任務にあたる点で本来の意味の国連軍とは異なるが、国連事務総長が指揮をとり、国連機関の直接の統制下に置かれるという意味で、「国連軍」の名に値するものである。冷戦の解消により、国連の強制機能が復活した後も、平和維持軍の活用はますます増えている。国連平和維持軍は、88年にノーベル平和賞を受賞した。[香西 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国連軍の関連情報