京畿(読み)けいき

精選版 日本国語大辞典「京畿」の解説

けい‐き【京畿】

[1] 〘名〙 宮城、皇居をその域内にもつ。転じて、みやこ。京師。
※太平記(14C後)一四「聿振臂致一戦之日。得勝於瞬目之中、攘敵於京畿(ケイキ)之外」 〔虞世基出塞詩‐楽府〕
[2] 京都に近い山城(山背)・大和・河内・和泉・摂津の五か国。奈良時代までは、和泉を除く四か国をいった。畿内。五畿内。
※続日本紀‐神亀元年(724)二月四日・宣命「天下の兵士は今年の調の半ばを減じ、京は悉く之を免す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android