アブドラ政権(読み)あぶどらせいけん

知恵蔵の解説

アブドラ政権

マレーシアのアブドラ・バダウィ首相は前任者のマハティールとは対照的で温厚な調整型。長くカリスマ的な支配を敷いてきたマハティールと比べ、リーダーシップに欠けるとの批判も一部にあった。しかし、就任直後に着手した「脱マハティール」戦略に成功し、マハティール批判で支持を集めてきたPAS(全マレーシア・イスラム党)などの野党の勢いを止め、2004年3月の総選挙で圧勝。与党連合の得票率としては、マハティール政権下での5回の総選挙を上回り、1963年以来でも最高の成績を収めた。総選挙後の組閣ではアブドラ首相は財務相と国内治安相を兼務し、強力な権限を得た。マハティール時代、権力乱用罪で服役したアンワル(元副首相兼財務相)が08年4月以降に被選挙権を回復することが政権の不安定要因になる可能性がある。

(片山裕 神戸大学教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android