コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンワル アンワル Anwar Ibrahim

2件 の用語解説(アンワルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンワル
アンワル
Anwar Ibrahim

[生]1947.8.10. チェロクトックン
マレーシアの政治家。改革主義者にしてイスラム中道派。政治家の両親のもとに生まれ,1960年代後半にマレーシア大学で政治活動に携わり始めた。1982年に与党統一マレー国民組織 UMNOに入党し,国会議員に当選。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アンワル【Chairil Anwar】

1922‐49
インドネシアの革命詩人で,同国現代詩の創始者。スマトラメダンに生まれたが,1940年にジャカルタに移り中等学校に学んだ。少年時代から旺盛な読書欲を示す一方,日本軍政期中から詩作を発表した。なかでも43年に発表した《おれ》(別題は《闘魂》)は,〈このおれは群から見捨てられた野性の獣だ〉という一句とともに,インドネシア現代詩と〈1945年革命世代〉の幕開けを告げるものとして同時代の人々に大きな影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アンワルの関連キーワードインドネシアインドネシア語派インドネシア海溝タマンミニインドネシアインダーインドネシアの恋唄イスタナ-ムルデカインドネシア大統領邸宅タマンミニインドネシアインドネシア国家警察改革支援日本のインドネシア占領

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンワルの関連情報