コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アベヤネダ Avellaneda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アベヤネダ
Avellaneda

アルゼンチン中部,ブエノスアイレス州北東部の都市。リアチュエロ川をへだてて首都ブエノスアイレスの南東にある都市で,ブエノスアイレス大都市圏の一部をなす。 19世紀にはスラム街,と畜場,港湾地区などから成る地域であったが,20世紀に入り首都の発展に伴って,皮革,羊毛,牛肉などの集散,加工により商工業中心地として急速に発展,現在同国の最も重要な工業都市の1つとなっている。リアチュエロ川の河口にラプラタ川に面して位置する港は,ブエノスアイレス港の一部として重要な役割を果している。周辺一帯を含めたアベヤネダ地区の人口 34万 6620 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android