コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アペックスシール アペックスシールapex seal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アペックスシール
apex seal

ロータリーエンジンのロータの3つの頂点部分に取付ける部分。往復機関ピストンリングに相当するもので,燃焼室の気密性を保つためのシールである。 F.バンケルらがロータリーエンジンの実用化のために最も苦心したのがこの気密法である。センターハウジングと接触するアペックスシールは溝にはめこまれ,シール,ボルト,ばねから成り,サイドハウジングとの接触にはサイドシールがばねで押しつけられる構造になっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アペックスシールの関連情報