アペニノ・トンネル(英語表記)Galleria dell’Appennino

世界大百科事典 第2版の解説

アペニノ・トンネル【Galleria dell’Appennino】

イタリア中部,ボローニャフィレンツェ間にあって,アペニノ山脈を横断する鉄道トンネル。1920年着工,31年完成,34年から使用開始された。延長1万8518m,複線型の長大トンネルで,長らくシンプロン・トンネルに次ぐ第2位(複線型としては第1位)の地位を占めていた。また1884年に開通したフランス,イタリア国境のモン・スニ・トンネル(延長1万3657m)などと比べて,悪い地質条件を克服して短期間に197万m3の掘削(トンネル断面の幅9.4m,高さ8.3m)を完成したことで,当時トンネル技術発達のシンボルとされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android