コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アペニノ・トンネル Galleria dell’Appennino

世界大百科事典 第2版の解説

アペニノ・トンネル【Galleria dell’Appennino】

イタリア中部,ボローニャとフィレンツェ間にあって,アペニノ山脈を横断する鉄道トンネル。1920年着工,31年完成,34年から使用開始された。延長1万8518m,複線型の長大トンネルで,長らくシンプロン・トンネルに次ぐ第2位(複線型としては第1位)の地位を占めていた。また1884年に開通したフランス,イタリア国境のモン・スニ・トンネル(延長1万3657m)などと比べて,悪い地質条件を克服して短期間に197万m3の掘削(トンネル断面の幅9.4m,高さ8.3m)を完成したことで,当時トンネル技術発達のシンボルとされた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android