コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミノ酸所要量

栄養・生化学辞典の解説

アミノ酸所要量

 あるグループヒト(もしくは動物)がこの量を摂取すれば生理的な障害を起こさず安全とされる量.設定された量以下を摂取した場合に欠乏症状を呈する数値必要量というが,所要量は,必要量に安全率を考慮して設定する.安全率は個人差や環境条件を考慮して策定

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android