コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミノ酸拮抗作用

1件 の用語解説(アミノ酸拮抗作用の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

アミノ酸拮抗作用

 一つのアミノ酸が,別のアミノ酸と競合することで,アミノ酸の膜を介しての輸送や,一つの酵素の活性部位への結合について認められる.さらに広義には,あるアミノ酸を過剰に与えたときに他のアミノ酸の代謝が影響を受け,例えば成長阻害などを引き起こすこともいう.分枝アミノ酸どうしの拮抗作用が代表的.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アミノ酸拮抗作用の関連キーワードケト原性アミノ酸アミノアシラーゼアミノアシルtRNAアミノ酸過剰アミノ酸パターン塩基性アミノ酸制限アミノ酸中性アミノ酸尿分枝アミノ酸遊離アミノ酸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone