拮抗作用(読み)キッコウサヨウ

大辞林 第三版の解説

きっこうさよう【拮抗作用】

生物体のある現象に対し、二つの要因が同時に働いて、互いにその効果を打ち消し合う作用。心臓の拍動に対する交感神経(促進)と副交感神経(抑制)の作用など。また、薬物を併用した場合、互いに薬効を減弱させる作用など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きっこう‐さよう キッカウ‥【拮抗作用】

〘名〙 ある現象に対して反対の作用をもつ要因が互いに対抗して働くこと。血液中における糖の増減を調節するアドレナリンとインシュリンの作用など。対抗作用。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android