アミール・アリー(英語表記)Sayyid Amīr ‘Alī

世界大百科事典 第2版の解説

アミール・アリー【Sayyid Amīr ‘Alī】

1849‐1928
近代インド・ムスリムの法律家,思想家。カルカッタ大学卒業後イギリスで弁護士資格を獲得した。1877年民族ムスリム協会を設立し,ヨーロッパ人にイスラムの優秀性を説き,かつ西欧近代思想を援用しつつ,ムスリム・インテリ層に西欧に対する自信を植えつけるべく努力した。90年カルカッタ高裁判事となったが,1904年からイギリスに定住し,ヒンドゥーに対するムスリムの利害を代弁した。【内藤 雅雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android