コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミール・アリー Sayyid Amīr ‘Alī

世界大百科事典 第2版の解説

アミール・アリー【Sayyid Amīr ‘Alī】

1849‐1928
近代インド・ムスリムの法律家,思想家。カルカッタ大学卒業後イギリスで弁護士資格を獲得した。1877年民族ムスリム協会を設立し,ヨーロッパ人にイスラムの優秀性を説き,かつ西欧近代思想を援用しつつ,ムスリム・インテリ層に西欧に対する自信を植えつけるべく努力した。90年カルカッタ高裁判事となったが,1904年からイギリスに定住し,ヒンドゥーに対するムスリムの利害を代弁した。【内藤 雅雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アミール・アリーの関連キーワード4月6日

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android