コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アムリットサル

百科事典マイペディアの解説

アムリットサル

インド北西部,パンジャーブ州のパキスタン国境に近接する都市。アムリトサルとも。政治・交通の要地。市の中心に池があり,その中央にあるゴールデン・テンプル(黄金寺院)はシク教徒の総本山。19世紀初頭シク王国の主都で,近代シク・ナショナリズム発祥の地(アムリットサルの虐殺)。特産物は絨緞(じゅうたん),手工芸品。118万4000人(2011)。
→関連項目シク教

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android