虐殺(読み)ぎゃくさつ

精選版 日本国語大辞典「虐殺」の解説

ぎゃく‐さつ【虐殺】

〘名〙 残酷な手段で殺すこと。むごい殺し方。
経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「遂に周太悉の為に殺せられ」 〔史記‐始皇本紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「虐殺」の解説

【虐殺】ぎやくさつ

残虐な方法で殺す。〔淮南子、本経訓〕兵革興りて爭生じ、の滅抑夭隱せられ、不辜(ふこ)(罪なき)をし、無罪誅すること、(ここ)に於てか生ず。

字通「虐」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android