総本山(読み)ソウホンザン

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 本山の上にあって一宗・一派を統括する寺。一宗の各本山を統括する寺。その宗派の法脈を嗣ぎ、法務を総括する寺。総本寺。
※教部省達番外‐明治六年(1873)八月三〇日「日蓮宗管長 其宗内従来総本山無之候処七本寺抔唱候は無謂儀に付」
② 転じて、一般に、多くを統括する人。また、物事の大もとにあたるところ。総本寺。
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉始めて亜米利加に渡る「蘭学医の総本山(ソウホンザン)とでも名を命(つ)けて宜しい名家」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android