コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アムリ遺跡 アムリいせきAmri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アムリ遺跡
アムリいせき
Amri

パキスタンのインダス川右岸に近い遺跡。 N.マジュムダールが 1929年に,J.M.カザルが 59~62年に調査。この地に残存するインダス文明に先行する金石併用時代の文化はアムリ文化と呼ばれ,前 3000年頃と考えられる。アムリ文化土器は平行線や格子目などの幾何学文様を主とした彩文土器で,道具は銅,チャート,骨でつくられている。テラコッタの土偶はない。上にインダス文明およびそれ以降の層がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android