アメバチ(読み)あめばち(英語表記)ichneumon flies

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメバチ
あめばち / 飴蜂
ichneumon flies

昆虫綱膜翅(まくし)目ヒメバチ科に属する一群の寄生バチの総称。体が飴(あめ)色をしているので、その名がある。この仲間は一般に腹部はかなり長く、縦に扁平(へんぺい)であり、ウスグロアメバチ属Ophionや、マダラアメバチ属Stauropoctonus、クロモンアメバチ属Dicamptus、イッテンアメバチ属Enicospilus、コンボウアメバチ属Habronyx、アメバチモドキ属Neteliaなど多くの属や種がある。分類学上かつてはPaniscusという属名も用いられたが、それに含められたほとんどの種は現在はNeteliaに含まれている。アメバチ類はガ類の幼虫に産卵寄生する。ヨトウアメバチモドキNetelia ocellarisは、農業害虫であるヨトウガ類の幼虫(ヨトウムシ)に寄生する有用な天敵である。夜間、灯火に飛来する種類も多い。[平嶋義宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android