アメリカ号(読み)あめりかごう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカ号
あめりかごう
America

1851年にスティアーズGeorge Steersが、ニューヨーク・ヨットクラブ会長ジョン・スティーブンスJohn Stevensのために建造した170トンのスクーナー型ヨット。イギリス海域ヨットレースに参加して勝利を得る目的で建造された。同年8月22日にワイト島を巡るコースで行われたレースで、本船は参加16隻中の第1位となり、王室ヨット団からカップを獲得した。その後ニューヨーク・ヨットクラブが、このカップに挑戦する30トン以上300トン以下のヨットによるワイト島1周の国際レースを提唱した。1868年に第1回のレースが行われて以来、今日なお続いており、このカップがアメリカズ・カップAmerica's Cupとして知られるようになった。[茂在寅男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアメリカ号の言及

【ヨット】より

…まだハンディキャップ規則がなかったから,大きい船ほどレースに有利であった。 このころの有名なできごとにアメリカのスクーナー〈アメリカ号〉のイギリス遠征がある。総トン数170トンのこのスクーナーは,船型も帆装も当時のイギリス流のヨットとはまったく違っていたが,1851年大西洋を渡ってイギリス最高の格式を誇るワイト島一周レースに挑み,みごと優勝杯をさらってアメリカへもって帰ってしまった。…

※「アメリカ号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

荒唐無稽

[名・形動]言動に根拠がなく、現実味のないこと。また、そのさま。「荒唐無稽な小説」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android