コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヤメカサゴ あやめかさご

1件 の用語解説(アヤメカサゴの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アヤメカサゴ
あやめかさご / 文目笠子
yellowbarred red rockfish
[学]Sebastiscus albofasciatus

硬骨魚綱カサゴフサカサゴ科に属する海水魚。千葉県と新潟県以南の日本各地および東シナ海朝鮮半島南部、香港(ホンコン)の沿岸海域に分布する。全長25センチメートルに達する。一見カサゴに似るが、眼窩(がんか)の下縁に1棘(きょく)があること、胸びれ条は通常17本であること、体側に黄色みがかった虫食い状の斑紋(はんもん)があることなどで区別される。水深30~100メートルの岩礁域にすみ、延縄(はえなわ)、釣りで漁獲される。春先に仔魚(しぎょ)を産む。煮つけ、塩焼き、照り焼き、から揚げなどにするが、味はカサゴより劣る。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアヤメカサゴの言及

【カサゴ(笠子)】より

…近縁のメバル属の魚とは背びれに12棘(きよく)あることで区別される。アヤメカサゴS.albofasciatusとは胸びれの軟条数がふつうは18本(アヤメカサゴは17本)であること,および第2眼下骨にとげがないことで区別されるが,生息場所も異なり,アヤメカサゴはカサゴよりもやや深いところで生活し,体色も赤黄色を帯びる。体長はともに25cmに達する。…

※「アヤメカサゴ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone