コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラゴ人 アラゴじんArago man

2件 の用語解説(アラゴ人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラゴ人
アラゴじん
Arago man

フランスのピレネー地方のトータベルにあるアラゴ洞窟で発見された化石人類アシュール期およびタヤック期の石器を伴い,年代は約 45万年前のミンデル氷期と推定されている。人骨は複数個体の顔面骨格,頭頂骨,下顎骨,寛骨などからなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アラゴじん【アラゴ人 Arago man】

フランスのピレネー・ゾリアンタル県トータベル村のアラゴ洞窟で,1969‐71年に発掘された化石人類。時代は更新世中期,リス氷期のはじめ(約30万年前)と推定されている。共伴した石器はタヤク文化に属する。人骨化石は成人頭蓋1,下顎骨2,遊離歯その他からなり,頭蓋の頭頂部と後頭部は欠けているが,顔面がよく保存されている。前頭骨の傾斜と扁平さ,突顎の強さ,おとがいの欠如などからみて,原人Homo erectusの進化段階に属すると考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone