コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラブ世界 あらぶせかい

知恵蔵の解説

アラブ世界

アラビア語が社会生活の言語となっている地域。イラクからモロッコまでのアラブ諸国とは必ずしも一致しない。イスラエルは、ヘブライ語と共にアラビア語を公用語としているし、イラン南部には、イラン国民としてのアラビア語生活者がいる。逆にスーダンの南部やイラク北部のクルド地域は、アラビア語世界ではない。ペルシア湾岸にはアラビア語とペルシア語のバイリンガルが多く、モロッコやアルジェリアにはベルベル語生活者がいる。アラブ世界のアラビア語は多くの方言に分かれているが、コーランのアラビア語(正則語)がアラブ世界を1つに結び付けている。そこではアラブとはムスリム(イスラム教徒)に限られず、キリスト、ユダヤ教徒をも含む。

(高橋和夫 放送大学助教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

アラブ世界の関連キーワードフセイン(Husayn bin Talāl)パリ都市計画グランドプロジェクトポール・フレデリック ボールズタウフィーク・アル・ハキーム国連開発計画(UNDP)イブン・アブド・ラッビフ船乗りシンドバッドの話ライラとマジュヌーンナジム・アル クドシポストコロニアリズムユースフ・イドリースサルワ・アル ネイミジャン ヌーヴェルウンム・クルスームカーシム・アミーンムハンマド6世サウジアラビアアズハルモスクダイグロシア汎アラブ主義

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アラブ世界の関連情報