コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長嶋茂雄 ながしましげお

5件 の用語解説(長嶋茂雄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長嶋茂雄
ながしましげお

[生]1936.2.20. 千葉,臼井
プロ野球選手,監督。佐倉第一高等学校から立教大学を経て,1958年に東京読売巨人軍読売ジャイアンツ)に入団。右投げ右打ちの強打の三塁手として,入団 1年目に本塁打王,打点王に輝き,新人王に選ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ながしま‐しげお〔‐しげを〕【長嶋茂雄】

[1936~ ]プロ野球選手・監督。千葉の生まれ。立教大では東京六大学野球の当時の記録である8本塁打を放つ。昭和32年(1957)巨人に入団。翌年本塁打、打点の二冠を獲得し新人王を受賞。国民的な人気を集め「ミスタージャイアンツ」と呼ばれる。特に王貞治とのコンビはON(オーエヌ)砲と呼ばれ、一世を風靡(ふうび)。引退後も監督として同球団を5回のリーグ優勝、2回の日本一に導いた。平成17年(2005)文化功労者。平成25年(2013)国民栄誉賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

長嶋茂雄【ながしましげお】

プロ野球選手,監督。千葉県生れ。立教大学卒業後,読売ジャイアンツに入団。三塁を守り,王貞治とのONコンビでジャイアンツの9連覇(1965年-1973年)を支えた。(1936-)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長嶋茂雄 ながしま-しげお

1936- 昭和後期-平成時代のプロ野球選手,監督。
昭和11年2月20日生まれ。立大で東京六大学記録の8本塁打。昭和33年巨人に入団。本塁打,打点の二冠で新人王。好機に強い打撃,ダイナミックな守備で「ミスター・ジャイアンツ」とよばれ,王貞治とともに巨人9連覇に貢献。実働17年,首位打者6回,本塁打王2回,打点王5回。通算2471安打,3割5厘,444本塁打,1522打点。50-55年巨人監督(2度リーグ優勝)。平成5-13年巨人監督に再任(8年リーグ優勝,6年・12年日本一)。昭和63年野球殿堂入り。平成17年文化功労者。25年国民栄誉賞。26年名誉都民。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長嶋茂雄
ながしましげお
(1936― )

プロ野球選手(内野手:右打右投)、監督。2月20日、千葉県生まれ。佐倉一高(現、佐倉高)から1954年(昭和29)立教大学入学、監督砂押邦信(すなおしくにのぶ)(1922―2010)の猛訓練によって名三塁手になる。在学中にホームラン8本の東京六大学記録(当時)をつくる。1958年読売ジャイアンツ(巨人)入り、翌1959年の昭和天皇を迎えての天覧試合で放ったサヨナラ本塁打など、数々のエピソードを残して、1974年10月引退。新人王を皮切りに首位打者6回、最優秀選手(MVP)5回、ベストナイン選手17回など数々のタイトルを獲得。日本シリーズでは最優秀選手2回、打撃賞2回。そのほか打率3割以上11回、打撃ベストテン(打率)入り13回という記録をつくり、王貞治(おうさだはる)とともに「ON砲(オーエヌほう)」とよばれ、巨人9連覇の原動力となった。1975年に巨人監督に就任、1976年と1977年にセントラル・リーグ優勝を果たしたが、1980年成績不振を理由に辞任した。その後、人気が停滞していたプロ野球の活性化とチームの覇権奪回のために長嶋の監督復帰を望む声が球団内外に広まり、1993年(平成5)ふたたび巨人の監督に就任、1994年、2000年に日本シリーズ優勝、1996年にもリーグ優勝している。2001年秋のシーズン終了とともに監督を辞任した。その背番号3は巨人の永久欠番で、監督時には90番、33番をつけていたが、2000年のペナントレースから監督としてふたたび背番号3をつけた。2002年にオリンピック・アテネ大会の野球日本代表監督に決定したが、2004年脳梗塞(のうこうそく)で倒れ、アテネ行きを断念、日本代表ヘッドコーチで元巨人選手の中畑清(なかはたきよし)(1954― )がオリンピック・チームの指揮をとった。第二次世界大戦後の野球界最大のスターであり、「ミスター・プロ野球」の意からミスターの愛称で親しまれている。[神田順治・森岡 浩]
 選手としての17年間の通算成績は、出場試合2186、安打2471、打率3割5厘、本塁打444、打点1522。獲得したおもなタイトルは、新人王、首位打者6回、本塁打王2回、打点王5回、最優秀選手(MVP)5回(うち最高殊勲選手1回)、ベストナイン17回、ダイヤモンドグラブ賞(現、ゴールデン・グラブ賞)2回。監督としての通算成績(15年)は、1982試合、1034勝889敗59分け、勝率5割3分8厘、リーグ優勝5回、日本シリーズ優勝2回。1988年(昭和63)に野球殿堂(野球体育博物館)入り。2005年(平成17)文化功労者、2013年国民栄誉賞受賞。[編集部・森岡 浩]
『長嶋茂雄著『燃えた、打った、走った!』(1974・講談社) ▽深沢弘著『わが友長嶋茂雄かく語りき』(1999・徳間書店) ▽『長嶋茂雄』第1巻(2000・メディアファクトリー) ▽越智正典著『実況 長嶋茂雄』(2000・毎日新聞社) ▽佐藤安弘著『監督・長嶋茂雄の闘い――アテネ五輪野球日本代表』(2004・日刊スポーツ出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長嶋茂雄の関連キーワード村山実古葉竹識関根潤三森祇晶山田久志吉田義男若松勉佐々木信也立浪和義根来泰周

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長嶋茂雄の関連情報