コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリメチエフスク アリメチエフスクAl'met'evsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリメチエフスク
Al'met'evsk

ロシア西部,タタルスタン共和国の都市。共和国首都カザンの東南東約 220km,カマ川水系ステプノイザイ川にのぞむ。ボルガ=ウラル油田の開発に伴って 1950年つくられ,53年市となった。共和国内の石油・天然ガス採取の中心地で,ロシアのニジニーノブゴロドペルミオムスクの各方面のほか,サマーラを経て東ヨーロッパ諸国へもパイプラインが延びている。ほかにガス加工,食品などの工業がある。カザンとハイウェーで連絡。人口 14万1309(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アリメチエフスクの関連キーワードニジネバルトフスク

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android