コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリメチエフスク Al'met'evsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリメチエフスク
Al'met'evsk

ロシア西部,タタルスタン共和国の都市。共和国首都カザンの東南東約 220km,カマ川水系ステプノイザイ川にのぞむ。ボルガ=ウラル油田の開発に伴って 1950年つくられ,53年市となった。共和国内の石油・天然ガス採取の中心地で,ロシアのニジニーノブゴロドペルミオムスクの各方面のほか,サマーラを経て東ヨーロッパ諸国へもパイプラインが延びている。ほかにガス加工,食品などの工業がある。カザンとハイウェーで連絡。人口 14万1309(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アリメチエフスクの関連キーワードニジネバルトフスク

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android