コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリメチエフスク(英語表記)Al'met'evsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリメチエフスク
Al'met'evsk

ロシア西部,タタルスタン共和国の都市。共和国首都カザンの東南東約 220km,カマ川水系ステプノイザイ川にのぞむ。ボルガ=ウラル油田の開発に伴って 1950年つくられ,53年市となった。共和国内の石油・天然ガス採取の中心地で,ロシアのニジニーノブゴロドペルミオムスクの各方面のほか,サマーラを経て東ヨーロッパ諸国へもパイプラインが延びている。ほかにガス加工,食品などの工業がある。カザンとハイウェーで連絡。人口 14万1309(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android