アリー・ダシュティー(読み)ありーだしゅてぃー(英語表記)‘Alī Dashtī

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アリー・ダシュティー
ありーだしゅてぃー
‘Al Dasht
(1896―1982)

イランの作家、評論家。イラクのカルバラーに生まれる。1918年祖国に移って政府批判の筆を振るい、3か月投獄された。1921年に獄中回想録『獄中の日々』を発表して文壇に現れた。その後、短編集『ヘンドゥー』『魔法』、文学・社会評論集『蔭(かげ)』を出版したが、1950年以降ペルシア古典詩人について『ハーフィズの肖像』『サアディーの領域』『ハイヤームとの一瞬』などを執筆し一流文学者、評論家としての地位を確立した。[黒柳恒男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android