コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリー・ブン・イーサー ‘Alī b.‘Īsā

世界大百科事典 第2版の解説

アリー・ブン・イーサー【‘Alī b.‘Īsā】

11世紀前半に活躍したバグダードの眼科医。生没年不詳。ラテン名はイェス・ハリーJesu Haly。キリスト教徒であったらしい。フナイン・ブン・イスハークの学統に連なり,彼の影響の下,ギリシア医学書の翻訳を行った。自身の主著に《眼科医の備忘録》があるが,これは《Liber memorialis opthalmicorum》というラテン語訳で知られている。3部に分かれ,眼の解剖学的構造,外傷,内傷とから成る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android