コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリ・アクバル・カーン Ali Akbar Khan

世界大百科事典 第2版の解説

アリ・アクバル・カーン【Ali Akbar Khan】

1922‐
インドのサロード奏者,作曲家。1955年アメリカに渡りサロードの初演奏。56年カルカッタに,67年カリフォルニアにアリ・アクバル音楽大学を創立。以後アメリカとインドを往復して演奏活動と子弟の育成につとめる。1961年初来日。東京で開催の〈東西音楽会議〉でサロードを演奏した。【島田 外志夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アリ・アクバル・カーンの関連キーワード島津保次郎アイルランド自由国帰山教正パステルナークブラジル文学ムルナウ宮嶋資夫ローマ進軍コスグレーブシスラー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android