コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルコット アルコットArcot

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルコット
Arcot

インド南部,タミルナードゥ州北東部の町。チェンナイ (マドラス) の西約 110km,パラール川に面する。 18世紀初頭,カルナータカ国の首都となったが,以後,フランスイギリスマイソール藩王の所領となり,1801年イギリスが占領。その後,ノースアルコット州の行政中心地であったが,独立後はベロールにその地位を譲った。米,サトウキビラッカセイなどの集散のほか,綿織物が行なわれる。人口4万 5205 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルコットの関連情報