コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルタイ共和国 アルタイAltai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルタイ〔共和国〕
アルタイ
Altai

ロシア中部,西シベリア南部の共和国。1922~48年オイロート Oirot,1948~91年ゴルノアルタイ Gorno-Altai。アルタイ地方南東部に接する。首都ゴルノアルタイスク。南にカザフスタン,中国,モンゴルと国境を接する。チュルク語系民族のアルタイ人の国で,1922年アルタイ州に属する自治州として設立され,1991年共和国となった。アルタイ人のほか,住民の約 3分の2はロシア人である。アルタイ山地にある山国で,大部分がオビ川源流のカトゥン川とビーヤ川の流域に属する。経済の主体は農・畜産業で,河谷や山間盆地で穀物や野菜の栽培が行なわれるほか,ウシ,ヒツジ,ヤギ,ウマ,ヤクが飼育され,狩猟(リス)も盛ん。工業部門では農産物加工,木材加工,電気器具製造などが行なわれる。主要交通路はビースクからゴルノアルタイスクを経て,チューヤ川に沿ってモンゴルにいたるハイウェーである。山国であるため,チェマルなど観光保養地が多い。面積 9万2600km2。人口 20万4474(2006推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アルタイ共和国の関連キーワードアルタイのゴールデンアルタイ(ロシア連邦)ゴルノ・アルタイスクゴルノ・アルタイトゥバ[共和国]ベルーハ[山]オイロート語中ソ国境紛争テレツコエ湖ハカス共和国ウコク高原ロシア連邦シベ古墳

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android