コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルチュス Maurice Arthus

世界大百科事典 第2版の解説

アルチュス【Maurice Arthus】

1862‐1945
フランスの生理学者。パリで学び,1907年以来ローザンヌ大学生理学教授となる。彼が1903年に報告した動物実験によって,ウマ血清で前処置されたウサギの皮内にウマ血清を再注射すると,その個所に発赤,腫張,さらには壊死などの病変が生ずることが明らかにされたが,この反応はのちに〈アルチュス反応〉(アレルギー)と名付けられ,アレルギー研究史上にその名が残された。【秋元 寿恵夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アルチュスの関連キーワードマウリス アルチュスアルチュス現象アルサス現象アルツス現象

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android