アルチュス(英語表記)Maurice Arthus

世界大百科事典 第2版の解説

アルチュス【Maurice Arthus】

1862‐1945
フランスの生理学者。パリで学び,1907年以来ローザンヌ大学生理学教授となる。彼が1903年に報告した動物実験によって,ウマ血清で前処置されたウサギの皮内にウマ血清を再注射すると,その個所に発赤,腫張,さらには壊死などの病変が生ずることが明らかにされたが,この反応はのちに〈アルチュス反応〉(アレルギー)と名付けられ,アレルギー研究史上にその名が残された。【秋元 寿恵夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android