発赤(読み)ハッセキ

大辞林 第三版の解説

はっせき【発赤】

( 名 ) スル
皮膚が赤くなること。ほっせき。

ほっせき【発赤】

( 名 ) スル
皮膚や粘膜の炎症に際して現れる症状で、充血のためにその部分が赤色に見える状態。毛細血管の拡張による。はっせき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はっ‐せき【発赤】

〘名〙 皮膚が赤くなること。炎症などで、一部分が充血して赤くなること。また、その症状。ほっせき。

ほっ‐せき【発赤】

※夜の培養者(1968)〈中薗英助〉三章「昨夜、何か虫にかまれて、皮膚に赤い発赤(ホッセキ)ができたといってたんですよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネージメントの方法論の1つ。目標管理とも呼ばれている。目標によって管理する対象は事業や仕事の内容、あるいは部下の活動であって、目標を管理することとは意を異にする。事業や部署の内容に応じた最適な目標を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

発赤の関連情報