コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルト・パラナ あるとぱらな

1件 の用語解説(アルト・パラナの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルト・パラナ
あるとぱらな
Alto Paran

南アメリカ中部、パラグアイイタプア県にある日系人の集団入植地。エンカルナシオンの北北東約100キロメートルの地点にあり、面積は8万5000ヘクタールに及ぶ広大な土地である。1960年に約300世帯が入植し、1967年には285世帯に減少したが、アブラギリや野菜の栽培に成功している。とくに、1968年にアブラギリ工場がエンカルナシオンに日本の資本で建設されて以来、移民の生活も安定するようになった。アルト・パラナは、もともと「パラナ川上流」という意味で、パラナ川とパラグアイ川との合流点から上流を一般にアルト・パラナと称する。また、イタプア県の北にアルト・パラナ県が隣接している。[市川正巳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアルト・パラナの言及

【パラグアイ】より

…59年には移住協定が締結され,移住再開,年間3500人の最大移住枠が30年間確保された。日系人移住地としてはアルト・パラナ,フラム,イグアス,アマンバイ,ラ・コルメナ,チャベスなどがあり,日系人は8000人を超えている。 日本は1976年以降パラグアイに対する政府開発援助(ODA)の最大供与国で,農牧林業,運輸,通信,保健,医療,教育など広範囲に及ぶ援助を展開してきている。…

※「アルト・パラナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone