コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルドリン

1件 の用語解説(アルドリンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アルドリン

化学式はC12H8Cl6。ドリン剤(有機塩素系殺虫剤)。略称HHDN。純品は白色結晶,工業品は不純物5%を含む暗色の粘液体。水に不溶,有機溶剤に可溶。
→関連項目化学物質審査規制法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のアルドリンの言及

【ドリン剤】より

…環状ジエン体に塩素が置換した一連の殺虫剤の総称。アルドリン,クロルデン,ディルドリン,エンドリン,ヘプタクロル,ベンゾエピン(α‐およびβ‐エンドスルファン)などがこの系列に含まれる。これらはディールス=アルダー反応(ジエン合成)によって製造され,いずれも土壌害虫に卓効があることから,日本でもこれらドリン剤が多用された。…

※「アルドリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アルドリンの関連キーワード四エチル鉛ステアリン酸ディルドリン有機塩素剤有機リン化合物エンドリンクロルピクリンテトラサイクリンピリン剤

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルドリンの関連情報