コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学物質審査規制法 かがくぶっしつしんさきせいほう

百科事典マイペディアの解説

化学物質審査規制法【かがくぶっしつしんさきせいほう】

正式名称は〈化学物質の審査及び製造に関する法律〉。PCBポリ塩化ビフェニル)による環境汚染を機に,1973年10月に有害な化学物質による環境・人体汚染を未然に防止する目的で制定され,1986年5月に改正された。
→関連項目有機スズ(錫)化合物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

かがくぶっしつしんさきせいほう【化学物質審査規制法】

正称、化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律。新しい化学物質を分解性、蓄積性、慢性毒性の観点から特定化学物質などに指定し、製造・輸入・使用等を規制する。1973年(昭和48)制定。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化学物質審査規制法
かがくぶっしつしんさきせいほう

化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

化学物質審査規制法の関連キーワード残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約トリクロロエチレンストックホルム条約特定化学物質アルドリン慢性毒性厚生省環境庁DDT