アルバート カルメット(英語表記)Albert Léon Charles Calmette

20世紀西洋人名事典「アルバート カルメット」の解説

アルバート カルメット
Albert Léon Charles Calmette


1863 - 1933
フランス医学・細菌学者。
元・パスツール研究所所長代行。
7年間の海軍軍医をし、1891年〜93年はサイゴンにあるパスツール研究所初代所長となった。’06年にから培養した弱毒性ワクチンを創製し、唯一の結核予防用ワクチンBCGとなった。’25年より人にも接種が始まり、小児白血病に対しても予防効果があることも認められている。1913年〜32年はパリのパスツール研究所長代行となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android