創製(読み)そうせい

精選版 日本国語大辞典「創製」の解説

そう‐せい サウ‥【創製】

〘名〙 最初につくりだすこと。創造。創作。創制。
※蘭説弁惑(1799)下「黄履荘も創せるといふ験冷熱器といへるはこれなるべし」
※日本風俗備考(1833)二「其功を器械を創製せる人に帰して、其成器を貴ぶこと少し

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「創製」の解説

そう‐せい〔サウ‐〕【創製】

[名](スル)商品などを初めてつくり出すこと。「江戸中期に創製された菓子」
[類語]創造創出独創創成造成創作クリエートオリジナリティー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android