コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルバート効果 Albert effect

法則の辞典の解説

アルバート効果【Albert effect】

露光量を大きくして撮影したフィルムを現像する前に,クロム酸などで処理して表面残像を除去したのち,散光で全面露光処理してから表面現像をすると,ポジ像が得られるが,このような像反転のことをアルバート効果と呼んでいる.原因は,第一回目の露光で生じた内部潜像が,第二回目の露光での表面潜像の形成を妨げることによると考えられている.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android