コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散光 サンコウ

デジタル大辞泉の解説

さん‐こう〔‐クワウ〕【散光】

乱反射して四方散乱する光線。曇り空の光や磨(す)りガラスを通った光などにみられ、一定方向の影を生じないので、無影灯に応用される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんこう【散光】

平滑でない面や浮遊している微粒子などに当たって四方に散らされた光。また、曇り空の光やすりガラスを通った光のように、光の方向が一定でなく影のできない光。 → 散乱

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

散光
さんこう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

散光の関連キーワードランベルトの法則(反射光)焼き出しハーシェル効果インデックスカタログカリフォルニア星雲いっかくじゅう座バーナードループオリオン大星雲アルバート効果北アメリカ星雲グロビュール銀河系内星雲オリオン星雲ペリカン星雲すりガラスガス状星雲輝線星雲わし星雲散光星雲小三つ星反射星雲

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

散光の関連情報