コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潜像 せんぞうlatent image

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

潜像
せんぞう
latent image

写真フィルム印画紙露光すると,光の当った部分の乳剤中のハロゲン化銀粒子のなかに,銀原子が析出して目に見えないほど小さな銀の核ができると考えられている。このような感光した乳剤粒子を現像液で処理すると,銀の核の働きで,その粒子は初めて目に見えるほどの銀粒子になる。写真画像はこの銀粒子がたくさん集って黒く見えるわけであるが,露光した写真乳剤中にできている銀原子の核を潜像核といい,潜像核の集合によって形成される目に見えない像を潜像という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せん‐ぞう〔‐ザウ〕【潜像】

感光したフィルムや印画紙にできている目に見えない画像。現像処理によって目に見える画像となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

潜像【せんぞう】

写真感光材料に露光を与えたとき,そのままでは見えないが現像することによって可視像となる映像。露光を受けたハロゲン化銀結晶粒子の一部に光化学反応によって銀が生成されるが,これが現像によって黒化するためには,銀原子は4個以上の集団(潜像核)として存在しなければならないとされる。
→関連項目現像写真光分解

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

せんぞう【潜像】

フィルムや印画紙の乳剤膜中にあるハロゲン化銀が感光してつくる、目では見えない画像。現像処理によって画像として現れる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の潜像の言及

【感光】より

…この銀原子が4個以上集まると,写真フィルムを現像することによって画像をつくることが可能になる。このような臭化銀結晶中に光の作用によって生成した微量の銀原子の集団を潜像latent imageという。カメラで写真を撮影するとフィルムには潜像ができているのである。…

【現像】より

…撮影し,露光したフィルムや焼付け露光を終わった印画紙はそのままではまだ目に見える画像を作っていない。この状態ではフィルムや印画紙に潜像ができているので,潜像を化学的に還元する作用をもった現像液で処理することによって目に見える画像が現れる。この処理が現像である。…

※「潜像」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

潜像の関連キーワードリップマン(Gabriel Lippmann)ヴォーゲル‐コルソン‐ラッセル効果ハーシェル効果(写真)ガーネイ‐モット理論ラッセル効果(写真)インスタント・カメラレーザープリンタカルバーフィルムソラリゼーションハーシェル効果ゼログラフィーアルバート効果フィルムバッジ写真感光材料トナー用色素X線撮影装置写真用色素タルボット銀板写真法相反則不軌