コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルパド Arpad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルパド
Arpad

古代北シリアのアラム人の町。アレッポの北方 25kmに位置する。現シリアのタルリファトと同定される。前9世紀頃はアッシリアの支配下にあり,前 754年独立したが,前 740年にアッシリアのティグラト=ピレゼル3世によって攻められた。のちハマナ,サマリアダマスカスとともに反アッシリア同盟に加わったが,前 720年サルゴン2世に鎮圧された。旧約聖書にたびたび言及されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アルパドの関連キーワードティグラトピレセル[3世]

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android