アルパド(英語表記)Arpad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルパド
Arpad

古代北シリアのアラム人の町。アレッポの北方 25kmに位置する。現シリアのタルリファトと同定される。前9世紀頃はアッシリアの支配下にあり,前 754年独立したが,前 740年にアッシリアのティグラト=ピレゼル3世によって攻められた。のちハマナ,サマリアダマスカスとともに反アッシリア同盟に加わったが,前 720年サルゴン2世に鎮圧された。旧約聖書にたびたび言及されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android