アルブレヒト・アルキビアデス(英語表記)Albrecht Alcibiades

世界大百科事典 第2版の解説

アルブレヒト・アルキビアデス【Albrecht Alcibiades】

1522‐57
ドイツのブランデンブルク・クルンバハ辺境伯。在位1541‐54年。ルター派として養育されたが,宗教には無関心で,はじめは皇帝派についてシュマルカルデン戦争に従い,その後は反皇帝派に接近した。1553年フランケン地方での優位を確立するために,バンベルク司教らを攻めたが,ザクセン公モーリツ指導下の諸侯軍に敗れ,54年その領土を失った。宗教改革時代の傭兵隊長的な人物であった。【中村 賢二郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android