優位(読み)ゆうい

精選版 日本国語大辞典「優位」の解説

ゆう‐い イウヰ【優位】

〘名〙 (形動)
立場地位などがまさっていること。すぐれた地位。また、そのさま。
綿(1931)〈須井一〉一「並び居る小作人仲間に限りなき優位を感じてゐたに違ひなかったのだ」
② (Primat の訳語) 体系的に優越する地位。また、その地位を占めること。たとえば、カント哲学で、実践理性理論理性より優越していること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「優位」の解説

ゆう‐い〔イウヰ〕【優位】

[名・形動]位置・地位などが他よりまさること。また、そのさまや、そのもの。「優位に立つ」「味方に優位戦局」⇔劣位
[類語]上手うわて上手かみて上部上方高み上位優越高位上席有利

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android