コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルベリック1世 アルベリックいっせいAlberic I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルベリック1世
アルベリックいっせい
Alberic I

[生]?
[没]925頃
イタリア,ロンバルディア地方の貴族。カメリーノとスポレト辺境伯。ローマの元老院議員テオフィラクトの娘マロツィアと結婚し,教皇ヨハネス 10世のサラセン人に対する勝利に功があった。のちローマ市に専制支配を打立て,市民に殺害されたといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アルベリック1世の関連キーワードヨハネス10世セルギウス3世ヨハネス11世

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android