法性寺(読み)ほっしょうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法性寺
ほっしょうじ

京都市東山区にある浄土宗西山派の寺。延長3 (925) 年に藤原時平発願によって創建される。寺名は,延暦寺座主法性房尊意の名に由来する。かつて,この寺は法性寺大路の名の残る地所 (鴨川の東,九条の南) にあった。応仁の乱で兵火にあうが,国宝『千手観音立像』のほか,数躯の仏像を伝える。観音像は 10世紀の作とされ,本体はサクラの一木造。面数は本面を合せて 28面あり,手は 42臂。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほっしょうじ【法性寺】

平安時代の藤原氏の氏寺。藤原忠平の創建で,925年(延長3)新堂が完成し,承平年間(931‐938)に御願寺になった。寺域は現在の京都市東山区の東福寺一帯から西は鴨川,南は伏見区の稲荷山に及んでいた。代々摂関家の氏寺として,一族の子院が寺域内に営まれ,平安後期に栄えた。1239年(延応1)九条道家がこの地に東福寺を建立したので寺域は狭小となり,堂舎五大堂を残してすべて失われた。今日では東福寺近辺の浄土宗の尼寺に寺名をとどめるだけである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほっしょうじ【法性寺】

京都市東山区本町にある浄土宗西山禅林寺派の寺。925年藤原忠平の創建。開山は法性房尊意。藤原忠通とその子九条兼実が出家後住す。のち廃絶したが明治時代に尼寺として再興。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法性寺
ほっしょうじ

京都市東山(ひがしやま)区本町(ほんまち)にある浄土宗西山(せいざん)禅林寺派の寺。大悲山(だいひざん)一音院(いっとんいん)と号する。925年(延長3)藤原忠平(ただひら)の建立で、天台座主(ざす)法性房尊意(そんい)を開山とする。代々円仁(えんにん)流の座主が任命され、定額(じょうがく)寺に列して栄えたが、中世以後になると衰退、明治になって観音堂に旧名を復して尼寺とした。本尊の千手(せんじゅ)観音像(国宝)は日本には珍しい「三面千手」とよばれるもので、二十七面四十二手の異形で、創建当初の作と推定される。[玉山成元]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ほうしょう‐じ ホフシャウ‥【法性寺】

ほっしょう‐じ ホッシャウ‥【法性寺】

京都市東山区本町にある浄土宗西山禅林寺派の寺。山号は大悲山。延長三年(九二五)藤原忠平(貞信公)が創建。開山は尊意。関白藤原忠通とその子の九条兼実が出家後寺内に住み法性寺入道と称した。本尊の二七面四二手の千手観音立像は国宝。ほうしょうじ。ほうそうじ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法性寺の関連情報