アルベロベロ(英語表記)Alberobello

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルベロベロ
Alberobello

イタリア南東部,プーリア州バリ県の町。バリの南東約 50kmにある。トゥルッリと呼ばれる独特の丸屋根の家並みは 1996年世界遺産の文化遺産に登録された。観光業以外のおもな産業は,農業,機械製作およびろう製品の製造など。人口約 1万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアルベロベロの言及

【プーリア[州]】より

…しかし,基幹産業部門中心の工場誘致,工業化地域の偏在には問題も多い。近年は観光開発も盛んで,ガルガノ半島,海水浴場に適する長い海岸線,内陸地域に多い鍾乳洞などのほか,アルベロベロを中心に散在する蟻塚のような独特の民家トルリなども観光の対象となりつつある。 紀元前8世紀ごろからターラント(古称タレントゥム)をはじめギリシア植民市が建設されたこの地方は,次いでローマ帝国下でも繁栄した。…

※「アルベロベロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android