コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルルの円形闘技場 アルルのえんけいとうぎじょう

1件 の用語解説(アルルの円形闘技場の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

アルルのえんけいとうぎじょう【アルルの円形闘技場】

フランス南部、地中海沿岸の都市アルル(Arles)の市街中心部のやや東寄りにある、古代ローマ時代のアンフィテアトルム(Amphitheatrum、円形闘技場)。アルルはローマ統治時代、アレラーテと呼ばれ、ローマ帝国の属州であったガリアナルボネンシスの非常に重要な都市だった。このため、凱旋門、劇場、市壁などのローマ時代の遺構が残っているが、この円形闘技場はその代表的なものである。この闘技場は1世紀末ごろに建造され、3層構造で2万人を収容できる巨大な建造物だった。現在は最上階が失われ、2層の建造物として残っている。アルルに残る古代ローマ遺跡の中では最大のもので、現在でも闘牛や各種イベントに使われている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルルの円形闘技場の関連キーワードサンラファエルセート犬サフラン地中海気候ロケットサラダ阿爾及バントゥー山フォンビエイユリンガフランカレランス諸島

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone