コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルワード島 アルワードトウ

デジタル大辞泉の解説

アルワード‐とう〔‐タウ〕【アルワード島】

Arwad》シリア西部の港湾都市タルトゥースの沖合約2.5キロメートルにある島。同国唯一の有人島。ギリシャ語名アラドまたはアラドス。本土のタルトゥースとともにフェニキア人植民都市となり、交易の要地として栄えた。12世紀に十字軍の拠点となり、14世紀初頭にマムルーク朝によって陥落された。13世紀に十字軍が築いた城塞が残っている。アルワッド島。アルワド島。ルアド島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アルワード島の関連キーワードアラドス島フェニキアアラド島

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android