コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルワード島 アルワードトウ

デジタル大辞泉の解説

アルワード‐とう〔‐タウ〕【アルワード島】

Arwad》シリア西部の港湾都市タルトゥースの沖合約2.5キロメートルにある島。同国唯一の有人島。ギリシャ語名アラドまたはアラドス。本土のタルトゥースとともにフェニキア人植民都市となり、交易の要地として栄えた。12世紀に十字軍の拠点となり、14世紀初頭にマムルーク朝によって陥落された。13世紀に十字軍が築いた城塞が残っている。アルワッド島。アルワド島。ルアド島

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

アルワード島の関連キーワードアラドス島フェニキアアラド島

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android