コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレイヘム アレイヘム

2件 の用語解説(アレイヘムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレイヘム
アレイヘム

ショーレム・アレイヘム」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アレイヘム
あれいへむ
Sholom Aleichem
(1859―1916)

ウクライナ生まれのイディッシュ作家。本名はソロモン・ラビノビッツSolomon Rabinovitz。最初はヘブライ語で創作し始めたが、のちには当時、特殊用語(ジャルゴン)として軽視されたイディッシュ語で書き続け、同時に年刊『イディッシュ人民文庫』を発行(1888)してユダヤ文学興隆に寄与した。ロシア圧政下の小村落に住むユダヤ庶民の過酷な生活をユーモアと哀感のあふれる詩的な文章で描いた。代表作『メナヘム・メンドル』(1892~1895)、『牛乳屋テビエ』(1894)は、夢想、挫折(ざせつ)、試練、信仰の過程を生き抜く人物を中心にした短編連作。風刺と叙情の創作傾向を代表する諸短編は『ユダヤ人たち』の標題で邦訳紹介されている。ほかにユダヤ人芸術家の苦悩を描いた長編『さまよえる星』(1911)をはじめ多数の評論、童話、戯曲がある。1905年のユダヤ人虐殺事件後、国外に避難し、二度目のアメリカ亡命時にニューヨークで死亡した。[邦高忠二]
『木島始・江田阿希子訳『ユダヤ人たち』(1980・思潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone