アレイヘム

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アレイヘム
あれいへむ
Sholom Aleichem
(1859―1916)

ウクライナ生まれのイディッシュ作家。本名はソロモン・ラビノビッツSolomon Rabinovitz。最初はヘブライ語で創作し始めたが、のちには当時、特殊用語(ジャルゴン)として軽視されたイディッシュ語で書き続け、同時に年刊『イディッシュ人民文庫』を発行(1888)してユダヤ文学興隆に寄与した。ロシア圧政下の小村落に住むユダヤ庶民の過酷な生活をユーモアと哀感のあふれる詩的な文章で描いた。代表作『メナヘム・メンドル』(1892~1895)、『牛乳屋テビエ』(1894)は、夢想、挫折(ざせつ)、試練、信仰の過程を生き抜く人物を中心にした短編連作。風刺と叙情の創作傾向を代表する諸短編は『ユダヤ人たち』の標題で邦訳紹介されている。ほかにユダヤ人芸術家の苦悩を描いた長編『さまよえる星』(1911)をはじめ多数の評論、童話、戯曲がある。1905年のユダヤ人虐殺事件後、国外に避難し、二度目のアメリカ亡命時にニューヨークで死亡した。[邦高忠二]
『木島始・江田阿希子訳『ユダヤ人たち』(1980・思潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android