哀感(読み)アイカン

デジタル大辞泉の解説

あい‐かん【哀感】

もの悲しいじ。悲しみや哀れを誘う感じ。「哀感が漂う」「哀感を込める」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あい‐かん【哀感】

〘名〙
① もの悲しい感じ。悲哀感。
※続日本紀‐大宝三年(703)閏四月辛酉「而自此言、哀感已甚」
※悪魔(1903)〈国木田独歩〉八「哀感(アイカン)と共に我知らず落涙す」 〔顔氏家訓‐風操〕
② (━する) しみじみと感動すること。
※十訓抄(1252)六「院聞召て養老の心ざしあさからぬを哀感せさせ給ひて」
③ かわいそうだと思う気持。哀れだという感じ。
※疑惑(1913)〈近松秋江〉「私の弱い心を衝いて何となく哀感を生ぜしめた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報