哀感(読み)あいかん

精選版 日本国語大辞典「哀感」の解説

あい‐かん【哀感】

〘名〙
① もの悲しいじ。悲哀感。
※続日本紀‐大宝三年(703)閏四月辛酉「而自此言、哀感已甚」
※悪魔(1903)〈国木田独歩〉八「哀感(アイカン)と共に我知らず落涙す」 〔顔氏家訓‐風操〕
② (━する) しみじみと感動すること。
※十訓抄(1252)六「院聞召て養老の心ざしあさからぬを哀感せさせ給ひて」
③ かわいそうだと思う気持。哀れだという感じ。
※疑惑(1913)〈近松秋江〉「私の弱い心を衝いて何となく哀感を生ぜしめた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「哀感」の解説

あい‐かん【哀感】

もの悲しい感じ。悲しみや哀れを誘う感じ。「哀感が漂う」「哀感を込める」
[類語]ペーソス哀愁悲哀哀れ哀憐憐情哀れみ悲しい物悲しいうら悲しいせつないつらい悲愴ひそう悲痛沈痛もの憂い苦しい耐えがたいしんどい苦痛であるやりきれないたまらないる瀬ない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android