アレキサンダー島(読み)アレキサンダートウ

デジタル大辞泉の解説

アレキサンダー‐とう〔‐タウ〕【アレキサンダー島】

Alexander Island》南極大陸の南極半島西部にある島。ジョージ6世海峡によって大陸本土と隔てられる。1821年にロシアの探検隊が発見したが、当初は大陸の一部だと思われ、1940年に初めて島であることがわかった。名称はロシア皇帝アレクサンドル1世にちなむ。英国の気象観測施設、フォッシルブラフ基地がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android