アレクサンドル トラーゼ(英語表記)Aleksandr Toradze

現代外国人名録2012の解説

アレクサンドル トラーゼ
Aleksandr Toradze


国籍
米国

専門
ピアニスト

肩書
インディアナ大学サウスベンド分校教授

出生地
ソ連 グルジア共和国トビリシ

学歴
モスクワ音楽院〔1978年〕卒

経歴
父は作曲家、母は女優。1977年バン・クライバーンコンクール第2位となり、’78年モスクワ音楽院卒業と同時に同学院の教授となる。’83年米国に移住。トラーゼ・ピアノ・スタジオを開設して若手演奏家の育成に努める傍ら、インディアナ大学サウスベンド分校教授を務める。ロシアの伝統的な奏法を活かしながら、自己解釈を盛り込んだユニークな演奏で知られ、録音ではゲルギエフと共演したプロコフィエフの協奏曲全集が著名。2002年公演のため来日。

受賞
バン・クライバーン・コンクール第2位〔1977年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android