アレクサンドル・アラン シャンド(英語表記)Alexander Allan Shand

20世紀西洋人名事典の解説

アレクサンドル・アラン シャンド
Alexander Allan Shand


1844 - 1930
英国の財政官。
元・大蔵省紙幣頭附属書記官。
1872年日本の大蔵省紙幣頭附属書記官。第一国立銀行員や大蔵省官史に簿記をはじめとする事務的技術の指導を行ったり、銀行事務全般が円滑に進むよう、わが国初の銀行監査を実地するなどその改善のため尽力した。「銀行簿記精法」(1873年)等の著書も持つ。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android